デスクに添える緑の癒し|プチ植物を楽しもう

きれいに片付いたオフィスデスクは見ていて気持ちのよいものです。そのデスクに、ワンポイントの彩りを添えてみませんか。デスクを彩るプチ植物について、ご紹介です。

プチ植物とは

お花屋さんによく陳列してある、コップをひとまわり小さくしたくらいの大きさの植物です。サボテン、観葉植物、多肉植物などがあります。10年ほど前からは、盆栽や苔玉とよばれるものも流行っています。

金額も比較的安く、ネットでも購入できます。amazonや楽天で「観葉植物 ミニ」などのワードで検索するとヒットします。1個あたり300円くらいから購入できます。

観葉植物



室内観賞用の植物の代表格です。だれでも一度は名前を聞いたことがあると思います。特定の植物の名称ではなく、総称となります。代表的なものは、パキラ・マッサンなどでしょうか。葉っぱがあり、サボテンや多肉植物より植物らしいのが特徴です。

水は土がからからに乾いたときに多めにあげましょう。真夏の直射日光にさらすと、葉がやけどをすることがありますのでご注意ください。

サボテンや多肉植物に比べると植物感が強いので、オフィスデスクの上に置くと、木のミニチュアのようでかわいいです。

サボテン



砂漠にある姿を想像する方もいらっしゃるかもしれません。デスクにおくと人形のようにも見えて面白いです。 水はときどき霧吹きで振りかける程度で大丈夫でしょう。さすが砂漠の植物ですね。小さな霧吹きもセットでサボテンの横に置いておくとまたおしゃれです。

そして、サボテンには意外とかわいらしい花が咲きます。どうやらすべてのサボテンは花を咲かせるようですが、その開花周期はまちまちだそうです。お店では咲いているサボテンが置いてあることもありますので、探してみてもよいでしょう。

また、その強い生命力のなせる技なのか、サボテンの一部を他のサボテンに付ける(接ぎ木する)と、合体して育ち始めます。ときどきインテリアショップや花屋さんにおいてあるものにも、そのようなサボテンがありますね。暑くも寒くもない時期が接ぎ木に適しているそうです。 わりとお手軽にできますので、オリジナルサボテンを作ってみるのも楽しいかもしれません。もちろん、トゲには十分気をつけてください。

多肉植物



一見、植物らしからぬ見た目の多肉植物。ぷにぷにした肉厚の葉や茎が特徴です。サボテンもこの中に含まれるようですが、あまりに種類が多いので別枠扱いとなっています。

そのアートな姿から、すっかりインテリア用途で飾られることが多くなった多肉植物ですが、その種類は1万種類を超えるそうです。

水は、土がからからに乾いているときに多めにあげましょう。ただし真冬は避けてください。

鉢もかわいい


たくさんの種類があるプチ植物たちですが、鉢の種類も様々です。陶器のようなものもあれば、ブリキ製、アルミ製、ガラスなど。中には空き缶に入ったものまであります。どれも魅力的で、オフィスデスクの印象をがらっと変えてくれます。

 

種類豊富で手軽に手に入れられるプチ植物。ぜひオフィスデスクに住まわせてあげてください。

投稿者プロフィール

JIM-STYLE 編集部
JIM-STYLE 編集部
JIM-STYLE編集部です。皆様のデスクワークが少しでも楽しくなるような記事編集に努めています。
現在、記事の寄稿者を募集中です。お気軽にお声かけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。