机の上の物を無くせば頭の中もすっきりする

年度初めの忙しい時期になりました。

多岐にわたる仕事が舞い込み、どれも中途半端で完結しない状態が続く時期ですね。

こうなると、なかなか頭の中も整理できず、ストレスが溜まる一方です。

考え方を切り替えるために、気分を一新するために、まずは机の上を片付けてみましょう。

すっきりした机になると、頭の中もすっきりします。

そんな、片付け方のコツをご紹介します。

 

「机の上」だけに着目する

引き出しの中、ロッカーの中、全てが片づけば気持ちがよいでしょう。

しかし、それではハードルが高すぎます。難易度も高く、時間もかかりますし、片づいた状態を維持するのも大変です。

まずは、机の上だけを片付けましょう。

 

「なるべく物を置かない」より、「何も物を置かない」

机の物が少し減って満足する人がいます。

だいぶきれになったな、と。

ですが、机の上には、何も置かないべきです。

ゴールを「何も物が無い状態」にしておかないと、結局は机の上には物が有り続けてしまいます。

「おりこうな机」より、「オシャレな机」

子供は、片づけをすると「おりこうだね」と褒められます。

机の上を片付けることは、おりこうでしょうか。

できれば、「いつも机の上がきれいですね」とか、「オシャレですね」と言われたほうが嬉しいです。

机の上を片付けるのは、「オシャレ」にするためです。

机の上を片付けるのは、「できる人」になりたいからです。

机の上を片付けるのは、「散らかっててだらしない人」と思われたくないからです。

自分が言われて嬉しい言葉を得るために、机の上を片づけましょう。

配線すらゴミ

あらゆるものは無線化されていきます。なぜなら有線は邪魔だからです。

LAN配線も無線化され、マウスやキーボードとPCをつなげるケーブルもBluetoothで無線化されています。

配線はゴミです。

せっかく無線化できるのに有線にしているのは無駄です。机の上を何もない状態にすることを邪魔しています。

自分でお金を出してでも、会社のPCは極力無線化しましょう。

片づけることが仕事

仕事が終わってから片づける、という人がいます。

いえ、片づけることが仕事です。

なので、勤務時間中に堂々と机の上を片付けましょう。

人目を気にすることはありません。これは仕事です。

机の上を勤務時間中に片づけ始めたことに対して、悪い評価をする人はまず居ません。

評価が低いのは机の上が散らかっている人です。

よく使うから机の上に置く、を止める

よく使う資料を常に机の上に置いておく。

理屈はとてもよくわかります。

1秒でも時間を短縮したいのでしょう。

業者さんたちの電話帳一覧、毎日使用するマニュアル、明日すぐ使う資料・・・。

よく使うものは、すぐ開ける引き出しにしまってしまいましょう。利き手側の引き出しです。

机の上に置くことで時間が短縮できるのはせいぜい2秒程度。

たった2秒の時間の短縮で仕事ぶりは変わりません。

仕事ぶりは、机の上が片づいていることによる爽快感で変わります。

物がない机の上は、凄みを生み出す

人の評価を決定づけるのは、目に見えるもののみです。

数値化された営業成績などが代表的な物でしょう。

ですが、他にも目に見える評価対象があります。

たとえば、机の上です。

机の上は、常に他人に晒されています。

片づいた机の上、物が無い机の上は、一種の凄みすら生み出します。

この人は出来る人だな。そんな凄みです。

 

 

 

いかがでしょうか。

机の上の物を無くすだけでずいぶんポジティブになれます。

机の上の物を無くすことで得られる満足感は多大です。

ぜひお試しください。

 

投稿者プロフィール

山下 直人
山下 直人
総務事務歴15年(医療介護業界)
経理・労務管理・介護保険・医療保険など、守備範囲は広め。
主要資格は日商簿記2級と介護支援専門員。