聴く読書「amazon Audible(アマゾンオーディブル)」のすすめ

大人にとって、すきま時間の活用はとても大事です。
ですが、「すきま時間で読書」などといっても、なかなか実現できないのが実情でしょう。

 

そんな読書したい大人におすすめのサービス、「聴く読書」amazon Audible(アマゾン オーディブル)をおすすめします。

 

今なら1か月無料です。
(プライム会員なら3か月無料)

 

amazon Audibleとは

amazon Audibleとは、書籍が朗読されたものを聴く、言わば「聴く読書」です。

 

料金は月1,500円定額、聴き放題。
これまでも同様の朗読サービスがCDなどの媒体で提供されていますが、このサービスはネット配信です。

 

具体的な活用法

まず思い浮かぶつくのが、通勤通学途中の移動中に聴く、と言うものです。
電車通勤の方は電車の中でヘッドフォンやイヤフォンで聴くことになります。
車通勤の方は、車内スピーカーにスマートフォンをBluetoothで接続して聴きましょう。

 

 

私も実際に車通勤で使用してみました。
電車通勤であれば読書は可能ですが、私のように車通勤ですと、このようなサービスでも利用しない限り読書は不可能です。

 

私の通勤時間は、片道30分、往復1時間なのですが、amazon Audibleで1冊~2冊ほど聴けました。
本によっては目次別に選んで聴くことも可能ですし、自分に必要ないと思う部分は飛ばして聴けます。
また、後述するコツでもっと時間短縮もできます。

 

斜め読みするような感覚で読書ができ、通勤時間が贅沢な読書時間に変わりました。

 

ラインナップ

それではどのような商品を聞くことができるのでしょうか。
ジャンルとしては幅広く、ビジネス上から文学書、ノウハウ本や瞑想本などが取り揃えてあるようです。

 

坂上彰さんの書籍なども用意がされています。

 

聴くためのコツ

Audibleを聞くにあたって有効なコツがあります。
それは、再生スピードを上げて聴く方法。

 

等倍で聞くと60分かかる書物でも、1.5倍で行くと45分で聞き終わることができます。

 

1.5倍ものスピードで聞き取ることができるのか、と思われるかもしれませんが、やってみると意外と普通に聞き取れます。
試しに2倍で聞いてみましたが、声質にもよるのでしょうが聴き取ることは可能です。

 

これで読書にかかる時間を大幅に短縮できます。

 

 

まとめ

日に日にラインナップも充実してきているようです。
普段、なかなか読書の時間をとることができない方でも、通勤時間やちょっとした時間に活用すると、生活が贅沢なものになるのではないでしょうか。

 

この秋は、「聴く読書の秋」がおすすめです。

投稿者プロフィール

山下 直人
山下 直人
総務事務歴15年(医療介護業界)
経理・労務管理・介護保険・医療保険など、守備範囲は広め。
主要資格は日商簿記2級と介護支援専門員。